急に胸が大きくなった娘のメール相手と【エッチな話】

私は35歳のバツイチ看護師。
女手1つで娘を育てています。
娘は前田敦子に似ています。
性格は内向的で、父親がいないせいか、同年代の男子には興味がないって感じでした。
私が娘の変化に気付いたのは中学2年の夏休みの事です。
インドア派の娘が度々外出する様になり、帰宅が夜21時を過ぎた時に軽い気持ちで注意した時の事です。

上気した顔で小走りに部屋に向かう娘。
不自然に揺れる大きな胸。
背中にブラのラインが・・・、ない。
悪いと思いつつ、娘が風呂に入った時に携帯を調べました。

男『友達にJCの彼女自慢したら、写メ見せてって言うから、お前の爆乳写メ見せたら、超興奮してたぜ。俺のケツ穴舐めてるのも見せようか?(爆)』

娘『舐めてる写メは恥ずかしいので見せないで下さい』

男『はぁ?俺に恥かかせるわけ?』

読んでいくうちに、“誰?”“何処で知り合ったの?”といった様々な疑問と、私自身が犯されてるような錯覚で、その場に座り込んでしまいました。
娘が風呂から出る前に、男のアドレスをメモして部屋を出ました。

その夜は会話のないまま就寝。
寝苦しい熱帯夜と、異常に興奮した身体を鎮める為に、久しぶりのにオナニー。
直ぐに絶頂!
ボーッとしていると隣の部屋から娘の会話が聞こえてきました。

娘「はい・・・、はい・・・、ママも大きいです・・・」

全て敬語なので、年上と付き合ってるのは推測できましたが・・・。

(ママも大きい?なに?オッパイの事?何で私?)

頭の中が整理出来ないまま、人生初の2回目のオナニー。
いつの間にか眠りに落ちていました。

翌日も出かける娘。
帰宅して携帯の画像をチェックすると。
久しぶりに見る娘の異常に発育した胸。
マジックで“健二専用”と書かれ、握り潰された無惨な胸。
見るに耐えない数々・・・。
これから娘とどう対応したらいいか。
私の抑えていた性欲も・・・。

意を決して男にメールしました。
素性を明かし、何回かメールをやり取りして会う事にしました。

すると、若い大学生でした。
それも教育学部。
話をしても、あのおぞましいメールのやり取りをしている男にはどうしても思えず、聞きたい事も聞けずにいました。

男「ここじゃ込み入った話も難しいので、僕のアパートに行きましょう」

紳士的な態度に気を許してしまい、アパートに行きました。
部屋は綺麗に整頓されていました。
意を決して娘との出会いを聞きました。

男「教育実習で知り合った。物静かで母子家庭で、何より爆乳が気に入って・・・」

そう言って、娘の映ったDVDを見せられました。
全裸の娘が・・・。

『健二様の肉便器の◯◯です。得意技は・・・』

頭の中が真っ白になり思考が停止し、夢か現実か分からない感覚に陥りました。
私を見ながら悪びれる事なく・・・。

男「やっぱ熟女がいいよね。娘と手を切るから大学卒業まで付き合えよ」

私「・・・」

男「返事が無いって事は成立だね」

そこから男は豹変しました。

男「立って服脱げ!おーっ!でけェ!ブラから乳はみ出してるじゃん!ブラ外せ!」

数少ない男性経験しかない私ですが、胸を露出した時の、男性の驚きの眼差しが好きで、期待しながら外しました。

バチーン!!

男に思いっ切り平手打ちされ、激痛で倒れ込みました。

男「垂れ乳デカ乳輪!チンポしゃぶれ!」

言われるがままでした。

男「初めての会う男にキスもしないでフェラかよ。バカじゃねーの?」

散々言葉で責められ、挿入され、気が狂った様にイカされました。

男「今度、友達連れて来ていい?」

返事をしないでいると、激しくピストンされて承諾させられました。
10回以上イカされて、最後に男が私の中に精液を・・・。

帰宅までの記憶は途切れ途切れです。
これからが不安でなりません。
娘と上手く別れてくれるのか・・・、どちらにしても私は男に従うしかないのです。

あんな男が大学を卒業して教師になると思うと怖いです。
本当に怖いです。



PAGE TOP