変態コスプレダンスパーティー【エッチ話告白】

クリスマスのイベントでの体験談です。
コスプレダンスパーティー、略してダンパというのですが、それに行って来ました。

何度も連絡を取り合い、衣装を同カテゴリで合わせて用意。
女装娘3人で初音ミクの派生をする事になってます。

私はブラック★ロックシューター。
女装なのに上はビキニのブラだけで、下はホットパンツなヘソ出しにコート。
なかなかチャレンジャーです。

1人はMAGNETのミクということで、こちらもチャレンジャーな肩出し背中出しな衣装です。
最後の1人は龍ノ啼ク箱庭拠リなゴシックロリータな衣装です。

3人ともコートの下に衣装を着て来たので、更衣室は使わずまずトイレへ。
そこで私だけ靴を履き替えました。
そこで履いたのがバレエブーツ。
いわゆるマゾブーツですw
これを履いたら1人で歩くことも難しいです。
両脇を抱えるようにして立たせてもらい、さらに用意を進めます。

お尻を突き出すように立たされ、龍啼クの娘に150mlのプラスチックシリンジでローションをアナルに注入されます。
冷たいローションが入ってくる感触にゾクゾクします。
注入し終わったアナルを二人に指で弄られ、ほぐれた所でバイブ機能付のアナルビーズを一粒ずつ数えながら入れられました。
スイッチを背中からホットパンツの後ろに付け、乳首にはクリップローターを付けて、これも同じ所にスイッチを隠します。
さらにオチンチンには亀頭ローターまで付けられてしまいました。
あとはスイッチを入れれば全自動で全部の性感帯を犯され続けます・・・。

私の用意が終わると次はMAGNETの娘です。
乳首のクリップローターと亀頭ローターは同じですが、彼女には同じプラスチックシリンジで6回。
私と龍啼クで交代でローションを注入します。

「苦しいよ・・・漏れちゃう!」と泣き言を言う彼女を無視して、合計で1リットル近いローションを入れた事になりますw

そして漏れないようにバイブ付のアナルバルーンで栓をしました。
龍啼クの娘はドSなので特に用意は無しなので準備完了です。

余裕の無いMAGNETに頼る事も出来ないので、龍啼クに支えられながらトイレを出てホールへ。
薄暗いホールを壁伝いに移動して、踊らない人が休憩したりするロフトのような所へ行きます。
手すりに掴まって立っていても足がプルプルしてきます。
自然とアナルにも力が入ってしまってアナルビーズを意識させます。
そんな状態なのに手錠でベルトと手すりを繋がれてしまい座る事も出来ません。

「やっぱり無理・・・お願い、コレ外して」

「ダメ!しばらく楽しみなさい」

さらに両手を手すりに繋がれてしまいます。

「えっ!?ウソ!?」と思ってる間にスイッチをON!

乳首とオチンチンとアナルで同時に起きる振動に、声が出そうになるのを必死に耐えます。
そして龍啼クはMAGNETを連れてホールの方へ移動してしまいました。

それから3曲ほど流れたのでたぶん15分ぐらい放置状態が続きました。
1人で居る不安の中、否応なしに機械は責め立ててきます。
爪先立ちのせいで自らアナルビーズを貪るようになり、動くことも出来ず痴態を晒してしまう・・・。
その羞恥が更に自分を追い詰めて、もうイキそう・・・!

「それブラック★ロックシューターですよね?いい出来ですね!」

快感に身を委ねそうになったその瞬間に声を掛けられ、悲鳴を上げそうになりました。
見れば、そこにはミクの衣装を着た女の子が居ます。

(マズイ!バレるバレるバレる!!)

もうドキドキが止まりません。
うるさいぐらいの大音響の中なのに、ローターの音が聞こえるような気がして・・・。
なんとか平静を装って返事をすると・・・。

ミク「あれ、女装の人ですか!?」

声を作ってもバレバレです。
でもイイ機会なのでうまく追い払おうと・・・。

私「気持ち悪いでしょ?イイよ正直に言って」

なんて冷たく言いますが、逆に目を輝かせて根掘り葉掘り聞いてきます。
うう、勘弁してよ・・・。

バレる恐怖と羞恥の中、機械に責められながらイクにイケないままを過ごしていると、龍啼クたちが帰ってきます。
見ればMAGNETはもうフラフラです。
お腹の中に1リットル近いローションを詰めたまま激しく踊らされたらしいです・・・辛そう。

ミクの子は女装レイヤーが3人でミク派生合わせしてる事に感動したようで、しきりに龍啼クに質問を飛ばしてます。

龍「じゃあイイもの見せてあげるネ」

そして突然、私のコートを肌蹴けさせてスイッチを見せつけます。

私「ちょ・・・ちょっと!!」

龍「この娘、こうやって1人で愉しんでる変態なんだよ」

もうパニックです!
なんてコトをしやがりますか!
流石に問題になったらシャレにならないので抗議しようとすると「スイッチ動かしてみる?」なんてミクの子を焚き付けます。
それは無いだろうと思っていると、ミクの子は恐る恐るスイッチを強にスライドさせてきました。

私「――――!!」

その瞬間、緊張の糸が切れたようにイッてしまいました。

絶頂の余韻を楽しむ間もなく次々にスイッチを強にされ、絶え間なく快感が襲ってきます。
楽しそうなミクの子と龍啼クの話し声が遠くに聞こえますがそれどころじゃありません。
もう立ってられないぐらい足がガクガクしてきて力が抜けてしまいます。
けど、ベルトと手すりを繋がれているので座れません。
それどころかホットパンツが股に食い込んで、イク!またイッちゃう!!
たまらず射精までしてしまいました。
射精して敏感になったオチンチンを亀頭バイブが責め、ホットパンツがタマタマとアナルビーズを押し上げて、何度でもイッちゃう!

そんな状態を見ながらミクの子は、MAGNETのアナルバルーンに追加の空気を入れて膨らませてます。
うう、この子まれに見るドSです・・・。
子供が虫の足をもいで遊ぶように無邪気に残酷に弄ばれる。
その惨めさすら快感になってきたころ、やっと手錠が外されました。
けど、それは開放を意味してたワケではありませんでした。

ホールの薄暗闇にまぎれるように、壁際に座り込んだ私を囲むように三人が立ってます。
囲まれていると言っても隙間はあるワケで、周りは人がたくさんいるので見られるかも知れないのに・・・。
私はホットパンツからオチンチンを露出させ、MAGNETのオチンチンを頬張って、舐め回して、イカせようとしています。
MAGNETは私のオチンチンを足コキでイカせようとして、つま先で擦って来ます。
先に相手をイカせた方が休憩させて貰えるから・・・。
そうでなくてもバレる前に終わらせたい。
そんな思いで必死にお互いを責める二人を、龍啼クとミクの子が眺め、言葉で嬲ってきます。

ミク「オトコなのにオトコのオチンチン舐めて嬉しいの?オトコに舐められて嬉しい?二人とも変態だぁw」

見ず知らずの女の子に見られ、変態と言われる羞恥。
足コキなんかじゃなくて、思いっきりイカせて欲しいよぅ・・・。

ミク「オチンチン美味しい?」

なんて聞かれたら、もう堪らない!

私「美味しいです。オチンチン美味しい・・・精液飲みたいです・・・」

それが引き金になったのかMAGNETの精液が喉に流れこんできます。
同時にギュっと踏まれた痛みと射精された嬉しさで私も・・・。

朦朧とする頭で二人に連れられ、ダンパ会場とは別フロアの身障者トイレに移動し、そこでミクの子に見られながら龍啼クにアナルを犯してもらいました。
床に四つん這いになり、お尻を突き出すとミクの子がビーズをゆっくり引き抜いてくれました。

龍「うわっ!出てくる!スゴ!!あ、まだ入ってる!お尻の穴が盛り上がって、ニュルンって出てくるよ」

実況されて恥ずかしさで死にそう・・・。

出し入れされてトロトロになると・・・。

私「龍啼クのオチンチンぶち込んでアナル壊れるぐらい抉って下さい。直腸に精液中出しして精液便所にしてェ!」

なんて、おねだりさせられました。

ぐっちゅんぐっちゅんすごくイヤラシイ音を立てながら犯されてる間に、ミクは龍啼クの言うとおりMAGNETのバルーンから空気を抜いて私の前に連れてきました。
龍啼クは私の口でMAGNETのバルーンを抜いてあげるよう言います。
そんなコトをすればどうなるか解りきっているのに、快感が先に立って正常な判断が出来ません。
たとえ出来ていたとしても私には逆らえなかったと思いますけど・・・。

バルーンのホースを咥えて引き抜くと「ダメ!出ちゃう!出ちゃう!!」とMAGNETの悲鳴。

私は慌てて零さない様にMAGNETのアナルに口を付けてローションを吸い取ります。

MA「吸われてる!吸われちゃってるぅ!!」

ローションをすべて吸い出すようにしながら舌で穴を刺激して、そのまま片手でMAGNETのオチンチンを扱きました。
龍啼クがイッた後はMAGNETに犯され、MAGNETがイッたら次は私がMAGNETの中に。
その頃には復活した龍啼クがMAGNETを犯す私の後ろから犯して・・・。

それだけでは飽き足らず、「ミクも混ざる?」なんてミクの子に聞いたりしてやがります。

幾らなんでもソレは無いだろう。
そう思いながら期待半分。
不安半分で答えを待つと、ミクの子は・・・。

「・・・」と。

ミクの子は流石に遠慮しました。
だってトイレで個室にも入らず、というか人数が多いので入れない状態でエッチしちゃってるワケですから、誰か人が来ちゃうと丸見えなんです。
でも、それで諦めるほど龍啼クは潔い性格じゃない。

龍「じゃあホテルに行く?」

なんて粘ります。
あまり粘着すると嫌われるのに、龍啼クもバカだなぁ・・・。
少しだけ冷めた目で見てあげましょう。
じとー・・・。

BAT!しかし!
そのジト目は次の瞬間にまん丸になってしまいます。

ミク「行く!行く!」

もう私は何が何だかで(゜Д゜)ハァ?です。
うーん、最近の若い子はわからんw

と、言うわけで一旦中断。
ダンパが終わってから4人でホテルへ行くことになり、とりあえずは衣装を整えてホールに戻りました。
ほどなくダンパも終了し、ミクが更衣室かが出てくるのを待って移動します。

ホテルに着くと、フロントへ複数であることを伝えて室内へ。
4人だとパーティールームは割高なので、ちょっと大きめなだけの普通の部屋をチョイスしました。
私は屋外の方が好きな性質で、ちょっと気乗りが悪いので休憩。
来る途中で買ったウィダーインゼリーでエネルギー補給です。

ミクも着替えなおす為にバスルームの方へ消えると、その間に龍啼クとMAGNETはイチャイチャし始めてしまいます。
初めはキスをしながら触りっこしたり、お互いの感じる部分を教えあったりしてましたが、だんだんエスカレート。
気がつけば69になって舐めあいっこしてます。

そうこうしてる間にミクの着替えも終わり戻って来ますが、すでに2人は始めてしまって、参加するタイミングが難しい・・・。
じゃあ2×2でしようと思ったのか、ミクは私の横に座ります。
とりあえずソファーに2人掛けで少し話をしました。
まあ、内容は他愛ないものです。
いつもこんなことしてるのかとか・・・。
いつからしてるかとか・・・。
今まで何人ぐらいとエッチしたかとか・・・。
そのうち話題は実際のオトコノ娘同士とBLの違いになり、感じる場所とか聞きてきます。

ミク「胸を揉まれたり撫でられたりは?感じる?」

私「気分かなぁ・・・?乳首は感じるけど、胸はあまり実感ないなぁ」

なんて会話すると、じゃあ確かめてみようと撫でたり揉んだりして来ます。
そんな感じであちこち触られてる内に、だんだん気分も乗ってきて・・・。

ミク「おっきくなってるよw」

気分も乗ってきて、私の準備も出来ちゃったので、「龍啼クたちと4人でしよっか?」と誘ったんですが、ミク的にはまず私を徹底的に弄りたいようで続行。

ホットパンツから出したオチンチンをシゴかれながら舌で乳首を責められたり、アナルに指を入れられてオチンチンとどっちが感じるか試されたり・・・。
そんなことをされると私も我慢出来なくなってきます。

私「イキたいよぅ」

ミク「じゃあバイブでお尻犯してあげよっか?それともお口でオチンチン舐めて欲しい?」

私「・・・両方・・・じゃ、ダメ?」

ニンマリとチシャ猫みたいな笑みを浮かべてミクはバイブを取りに行きます。
私はソファーから腰を前へ突き出すように座って、ミクはソファーに向かい合うように床に座ります。
バイブにローションを塗ってアナルへあてがわれます。
が、なかなか上手く入れられないようです。
まあ、初めて他人のアナルへ挿入するとそんなものです。
私は両手を後ろに回し、そのままお尻を拡げて入れやすくしました。

私「ここだよ・・・ここに挿入れて・・・」

今度こそズブズブとバイブが入ってきます。
初めての子らしい、加減の解かってない荒々しい挿入。
私じゃなかったら裂けてるよ?
しばらくお尻だけを弄られた後、「オチンチン舐めて欲しいならおねだりして」と言われました。

「得意でしょ」って。

(じゃあ、思いっきりヤラシイ台詞言わないと・・・)と、私は少し考えてから口を開きました。

私「女の子の前に恥ずかしげもなく突き出したお尻にバイブ突き刺されて悦ぶ変態チンチン、ミクちゃんのお口で気持ちよくしてください」

自分でオチンチンを持ってない女の子のフェラは容赦が無くて、アナルのバイブも合わさって、すぐにイッてしまいました。

ミク「オチンチンとお尻どっちが良かった?どっちでイッた?」

そんなこと聞かれても解かりません。
同時にされたら両方でイッちゃうものですし・・・。

ミク「じゃあ、もう一回」

更に続けてフェラされます。

私「ちょ・・・イッたすぐはダメ・・・!」

避けようとしますが、逃げる前に咥えられ、思いっきりアナルの奥までバイブを突っ込まれてしまいます。
こうなると足がガクガクして逃げるコトも出来ません。
ミクの頭を押さえて止めさせようとしても力も入りません。

(ダメダメダメダメダメダメ!)

意識が飛びそうになるのを指を噛んで抑えました。
涙がポロポロでるほど感じて、足も腰もプルプルガクガク。
普通なら確実にイクような快感でもイケないまま、快感だけを与えられます。
それが一線を越えるとイクというより漏れるような射精をしてしまいます。

ミク「今度はどっちでイッた?」

私「わあ、わかん・・・ない」

ミク「じゃあ、もう一回だね」

――――!!!

気がつけば龍啼クとMAGNETも混ざって、いつの間にかコッチが本流。

(ちょっと休まして・・・)

たぶん「ひょっほ、ひゃすまひへ」になってたと思いますが懇願します。

でもミクは許してくれません。
龍啼クに「してもイイよね?」と聞いてから私にのしかかってきます。

(まさか!?ちょっ・・・龍啼クじゃなくて私に許可とって!)

ぬるぬるになったミクのオマンコに私のオチンチンが埋まっていきます。
それだけで射精しそう・・・。

(ダメ。今度こそ意識が飛ぶ。飛んじゃう・・・)

龍啼クとMAGNETのどちらかがキスしながら乳首を責め、もう1人がアナルのバイブを動かしながらタマタマを舐めてきます。

私「ダメ!ダメ!中に、ミクの膣に射精しちゃう!」

ミク「ゴムしてるから大丈夫。イッちゃいなさい!」

(いつの間に・・)と、一瞬の疑問も浮かびましたがもう止まりません。
腰がバラバラになるような射精を感じながら、今度こそ気を失ってしまいました。

私が覚えてるのはココまで。
後でMAGNETに聞いた話では、その後はミクのオマンコを舐めて綺麗にしたあと、龍啼クとミクの接合部を舐めたり、ミクに挿入したMAGNETのお尻に挿入して龍啼クに挿入されたりしてたそうですが、全く記憶に御座いませんw

女の子と2人でゆっくりするのは好きだけど、乱交だとペース配分を考えてくれないから嫌いですw


PAGE TOP