PTAは不倫の巣窟?【セックス体験談】

「誠太、お前の子供、来年小学校だろ~。俺達と一緒にPTA役員やろうぜ!入ってみれば分かるから・・・凄いから」

そんな誘いを、子供の頃からの悪友、陽一郎と弘司から受けた。

俺、誠太は現在28歳、両親と共に自営業をしている。
嫁は、ガス会社でOL。
子供は来年、小学校に入学する1人娘。
悪友の陽一郎と弘司は、娘より1つ年上の女の子が共にいる。

悪友2人の誘いもあり、娘の入学と同時にPTA役員を引き受ける事になった。
まず最初の集まりは、自己紹介をした後、係と各係の代表を決めた。
一通り決まると、教頭先生とPTA会長から今後一年間の行事の流れなどを聞き、解散となった。
俺が帰ろうと立ち上がると悪友2人が、3人の女性を連れてきた。

「さあ!挨拶も兼ねてメシでも行きますか!」

半ば強制的に居酒屋へ。
まず、自己紹介。
一番背が高いスレンダー美人が洋子ちゃん。
ちょっとぽっちゃりしているが爆乳の宏美ちゃん。
下を向きながら恥ずかしそうに話す、小柄で笑顔が可愛いサツキちゃん。

俺以外は全員子供が2年生で、サツキちゃんと俺以外は去年もPTA役員をやっていたそうだ。
最初は全員でPTAの行事や学校の事などを話していた。
次第に夫婦生活の事や、昔やったエッチな話などのエロトークに変わっていった。
この居酒屋は、個室になっていて注文を頼まない限り店員さんが来る事も無い。

時間が立つに連れ、俺とサツキちゃん以外はおかしな事になっていった。
陽一郎は洋子ちゃん、弘司は宏美ちゃんとイチャイチャしだした。
最初は肩にもたれかかったり、手を絡めたりする程度だったが、次第にエスカレートしていき、耳たぶや首筋を舐めたり、胸を服の上から揉んだり、終いにはキスをしだした。
俺とサツキちゃんは言葉を失い、その光景をただ呆然と見ていた。

しばらくして全員で会計を済ませると、2組は別々のタクシーに乗り、どこかへ行ってしまった。
後で男2二人に聞いたら、半年位前から彼らは不倫しているらしく、他にもPTAの中では沢山の不倫カップルがあるらしい。
一番驚いたのは、PTA副会長の女性と教頭先生が・・・。

俺だって悪友2人のあんな行為を見てムラムラ来ない訳も無く、サツキちゃんを次の店に誘った。
可愛い笑顔で、「変な事しないなら喜んでお供しま~す」とサツキちゃん。

(今夜イケるかも・・・)

オシャレなバーに入り、カクテルを注文してお互いの今までを話した。
俺の平坦な人生に比べ、サツキちゃんの人生は余りに壮絶だった。
幼い頃に両親は離婚し、妹と2人、母親に育てられる。
しかしサツキちゃんが高校生の時、母親が心労で腰を痛め働けなくなる。
代わりに彼女がアルバイトをするが、そこで知り合った5歳年上の男と付き合い、妊娠。
高校を卒業後、結婚し出産。
男は彼女の家族と同居するが、酒を飲むと家族、子供、彼女への暴力が激しくなり離婚。
そして子供を預けながら働ける乳酸飲料の会社で働きだし、その職場で子供が同学年という事で洋子ちゃんと宏美ちゃんと意気投合。
気晴らしになるからとPTAに誘われ、現在に至る。

俺は彼女の話を、食い入るように真剣に聞いた。

「男の人で、私の話をこんなに真剣に聞いてくれたのは初めて・・・」と、彼女は泣き出した。

俺はサツキちゃんが愛おしくなり、他の客がいるにも関わらず抱き締めた。
そしてバーを出て、俺はサツキちゃんの手を引きタクシーに乗り込んだ。
彼女は、なにも言わずついて来てくれた。

ホテルに入り、部屋に行くまでの間、彼女は震えていた。
部屋に入ると彼女は小さな声で・・・。

サツキ「私、前の夫から暴力を受けて以来、男の人が怖くて・・・だから・・・その・・・あれ以来・・・してなくて・・・」

なんとサツキちゃんは5年以上もの間、誰からも抱かれずに、男に怯えて生きてきたらしい。
俺は胸が苦しくなった。

俺はシャワーを浴び、ビールを飲みながら、彼女が出てくるのを待った。
しばらくしてサツキちゃんはホテルに備え付けのガウンを着て、恥ずかしそうに下を向いて出てきた。

俺はまず、彼女の緊張をほぐすためベッドに座らせ、首と肩のマッサージを始めた。
次にうつ伏せに寝かせ、腕と背中、腰を揉みほぐした。
そして仰向けに寝かせた。
足のつま先から徐々に上がっていき、足の付け根まできた時、サツキちゃんの呼吸は急に荒くなってきた。
俺は彼女を優しく抱き締め、しばらく頭を撫でていた。

すると、彼女は自らキスをしてきた。
2人は抱き合いながら、長い間優しいキスを楽しんだ。
俺は上に乗り、彼女の口内を舌で掻き回した。
サツキちゃんもそれに応えるように舌を絡めてきた。
お互いの唾液を吸い上げ、部屋中にジュルジュルと淫靡な音を響かせた。
耳たぶ、首筋、鎖骨を指先と舌先で優しく愛撫を繰り返した。

そして、少しずつガウンを脱がせていった。
サツキちゃんは着痩せするタイプだった。
小さい身体には不釣り合いな、張りのあるお椀型の大きな胸の持ち主だった。
彼女の手は小刻みに震えていた。
俺はその細く小さな震える指を口に咥え、震えが収まるまで根気よく待った。
しばらくすると震えも収まった。

「もう、大丈夫!ありがとう」と言って抱きついてきた。

俺は彼女の二の腕から脇の下を愛撫し、お椀型の大きな胸を軽くもみほぐした。
そして左右の胸の先端を、指先と舌先で同時に触れた。
瞬間、サツキちゃんは背中を仰け反らせ、「ハゥ」と声を漏らし、ブルッと震えた。
足の指を舐め、くるぶし、ふくらはぎ、膝の後ろ、太ももと愛撫していった。
アソコを舐めようとした時・・・。

サツキ「そんな所、ダメだよ!汚いよ!」

後で聞いたところ、彼女は前の旦那にしか抱かれた事は無く、セックスも手で彼女のアソコを適当に弄り、濡れたら挿入だったらしい。

俺「サツキちゃんのここは全然汚くなんかないよ!全部を口と手で愛撫する事によって、俺はサツキちゃんを感じたいんだよ」

サツキちゃんは徐々に足の力を緩めてくれた。
サツキちゃんのアソコはすでに大洪水だった。
まだ触れてもいないのに愛液がどんどん溢れだし、シーツを濡らしていった。
俺はクリトリスのまわりを円を描くように舌先で愛撫し、中心部には触れないように焦らした。
クリトリスに軽く息を吹きかけるだけでサツキちゃんは、「あっ!だめ~」と叫び、ビクッビクッとしている。
そして舌先で優しくクリトリスに触れた瞬間、サツキちゃんは、大声で何かを叫びながらシーツ一面に大量の潮を撒き散らした。

しばらく荒い息でハァハァ・・・。
彼女は初めてだったらしく・・・。

サツキ「何?何コレ?私がやったの?大丈夫なの?」

俺「大丈夫だよ!性感が高まると出るんだよ!」

サツキちゃんは、安心したのか頷いてくれた。
でも、そこからが凄かった。
俺はクリトリスを甘噛みしながら、両手で乳首を転がした。
彼女は絶叫してイキまくり、俺は顔を頭も愛液まみれになった。
俺は彼女に入れてもいいか尋ねた。
きっと5年ぶりともなると、心の準備が必要かと思い・・・。
しかしサツキちゃんは・・・。

サツキ「いいよ!早く入れて!誠太君の入れて~!」

一瞬、今までとのキャラの違いに戸惑ったが、持参したコンドームを付け、ゆっくり挿入していった。
濡れてグチャグチャになっているにも関わらず、5年ぶりのせいか、なかなか入っていかない。
サツキちゃんも不安になり、こっちをチラッと見て、唖然として・・・。

サツキ「何それ?無理だよ!そんなの!前の旦那の2倍は・・・」

俺が特別大きいわけではない。
悪友2人とそれほど変わらないし、今までだって小さいとは言われたことはないが、特別大きいとも言われたことは無い。
たぶん、前の旦那が相当小さめだったようだ。
それをサツキちゃんに説明して、もう一度チャレンジ・・・。

彼女のアソコは小柄なせいか相当小さく、それでも時間をかけ、ゆっくり入れていった。
最初は苦痛そうだったが、次第に「あっ!ダメ~!当たる!奥に当たる!イヤ~!」と言って、何度も絶頂を迎えた。
クリトリスを弄りながらペニスを出し入れしていると、彼女は何度も潮を噴き、ペニスを押し出した。
そして俺も限界を迎え射精した。

その後も俺達はPTAがある時も、ない時も愛し合った。
そして今、彼女は俺と同じ性を名乗っている。

もちろん俺と結婚した訳ではなく、俺の弟の嫁になって、今でも俺とPTA役員をしている。


PAGE TOP