今の彼女と初めてSEXした時の話【エッチ体験談】

彼女はもういい年で、いわゆる適齢期も過ぎているんだけど、恋愛に対しては引っ込み思案らしく、どうもデートをしていてもそういう事に慣れていないようだった。

付き合い始めるとすぐにしたくなるものだが、もうちょっとデートしてからとか考えてしまい、キスさえ出来ないまま1ヵ月半が過ぎた。

ある日、夕食がてらお酒を飲み、いざ帰ろうとすると

「頭が痛い」

と彼女が言う。

もう終電間近だし、かといっていきなりどこかに泊まるのにも抵抗があったので、

「帰れる?」

と聞くと首を横に振る。

それじゃぁ…という事でホテル以外の泊まれる所、といってもカラオケとかに行った。

彼女は

「うるさいところはイヤだ」

と言い、

「じゃあ喫茶店は?」

と聞いても、

「それもイヤ」

と言う。

静かに横になれるという事で、結局ホテルに入る事に。

ベットで静かに寝ている彼女を見ながら、

「今日は何もしないでおこうな」

と一人決心した。

しばらく経って横をみるとピタッと彼女がくっついている。

戸惑いながらも俺はキスをした。

そうすると彼女は背中に手を回してきて抱きついてくる。

躊躇ったが

「いいの?」

と聞くと静かに頷く。

挿入しようとすると

「イタイ…」

と言う彼女。

まさかと思って聞くと俺が初めてだという事。

結局彼女があまりに痛がるので、その日はセックスは中断し、話をした。

彼女はレイプされそうになった事があり、男性恐怖症な部分があったので今まで経験がなかったらしい。

処女である事の焦りはなかったけど、どうやったら結ばれるのか分からず、飲めないお酒を飲んで俺にホテルまで連れて行ってもらえるように仕向けたとの事。

経験がないのに無理をしている彼女を見て無性にいじらしくなり、また無理をさせてしまった自分がちょっと情けなく感じた。


PAGE TOP