発育良好な胸のせいで【エッチな話】

小6の頃のお話です。

私はとある理由で、山奥の田舎に住んでました。
父は出稼ぎに出ていたので、おじいちゃんと2人で住んでいました。
日課といえば、お爺ちゃんと一緒に銭湯に行く事でした。
いま考えると変かもしれませんが、おじいちゃんと一緒に男湯に入ってました。
とはいえ、お客さんも5人くらいしかいないし、ほとんどがお年寄りです。
私自身も恥ずかしいという感覚はありませんでした。
その銭湯には、半個室風の露天風呂があり、周りからはあんまり見えない作りになっていたので、そこにのんびりと入っていました。

ある時、村の写真館のオジサンがその露天風呂に入っていましたが、気にせず他愛のない話をそのオジサンとしていました。

「お嬢ちゃん、オッパイ大きいな」

オジサンにいきなり言われました。

自分で言うのもなんですけど、当時は小学生にしては大きかったと思います。
そして、オジサンと話しているうちに、乳首を触れるか触れないかくらいで触られました。

徐々にオッパイも触ってきて、触られてるうちに、だんだん気持ちよくなり、我慢してる顔をオジサンが見て、「気持ちいいか?気持ちよかったら声出してみな」と言われ、悶えるような声を出すと、オジサンはニヤっと笑いってました。

そして、ペロペロとオッパイやアソコを舐め始めたので・・・。

私「汚いよ」

オジサン「いいんじゃ、それが美味しいんじゃ」

オナニーもそのオジサンに教えてもらいました。
だんだんオジサンの要求は激しくなり、手コキやフェラなども教えてもらいました。
もちろんその時は何も知らないのでザーメンは飲んでました。
その日はご飯が食べられなかったのを覚えています。

ただ、銭湯の他のお客さん達はだんだん何してるか気づき始めて、一緒に出て行くと「お2人さん仲いいね」とからかわれます。

だんだんと気持ちよくもなり、オジサンとの絡みが待ち遠しくなっている気がしていました。
もちろん最後まではしてません。

小学校の卒業も近くなった頃、「卒業写真を撮ってあげるから、いついつおいで」と言われました。

約束の日、山小屋のような建物の、ベッドがあるだけの部屋に連れて行かれました。
最初は普通に写真を撮っていまいしたが、そのうち1枚1枚と脱がされてしまいました。
たぶん最初からオジサンの目的は“ヌード撮影”だったと思います。

「乳首は立ってた方が写りがいいから」と言って舐めたり、アソコを触られたり・・・。

そのうちオジサンも服を脱ぎだして、いきなりキスをされ胸を揉まれ、チンチンを顔の前に出され、「舐めて」と言われて舐めてました。

「じゃぁ、そろそろ経験しようか」

オジサンのモノが入り始めると、激痛が走り、私は泣いて叫んでました。
それが初体験でした。
後で分かったのですが、ビデオも撮っていたらしく、世に出回らない事を祈るだけです。

その後もオジサンとの関係がしばらく続き、ラブホにも行きました。
鏡張りの部屋で、やたら鏡の前でオナニーやフェラをさせられました。
5時間くらい居たと思います。

ある日、銭湯に行くと、別のオジサンが、「アイツにさせるなら俺にもさせろ」と、チンチンを顔につけられたりしました。

その時は、手コキをして逃げました。
オジサンは自慢気にペラペラ話してたみたいです。

そういう噂が町に流れ、ある日、小学生の時の担任の先生から電話がありました。
とりあえず会う約束をし、車で先生のお家に行きました。
先生はバツイチの40代です。
何の用事かわからないまま、担任の家に着くと、いきなり襲ってきました。

「お前はあんなオヤジとセックスしたのか!?俺は、身体検査の時からお前のオッパイを触りたかったんだ」

そう言って、先生に胸を揉まれました。

それが2人目の経験です。



PAGE TOP