担任のM子先生が病院でしてくれた衝撃体験【エッチ体験談】

私が、中3の時のことです。
登校中、交通事故に遭い、右腕と右足の骨折で入院した日の事です。

担任のM子先生が、学校帰りに見舞いに来てくれました。
もうその時は、両親も帰宅し、2人部屋に独りで寝ていました。
M子先生は、バツイチの32歳の独身で、ちょっと小太りですが、胸も大きく魅力的でした。

先生と30分ぐらい事故のことや怪我のことを話している時、急に小便をもよおしてきました。

[adrotate group=”1″]

母親が帰る前に、一度尿瓶で用を足していましたが、かなり時間が経っていました。
そこで、先生が帰ると言いました。

「先生、帰る時ナースセンターによって看護婦さんを呼んでもらえますか」
「どうしたの?」

「おしっこです」
「アーそうか、その状態じゃ独りでは無理よね、尿瓶でするの?」

「ハイ、そうです、ちょっと恥ずかしいけど」
「私が手伝ってあげようか、この尿瓶でしょ」

そう言いながら布団を捲りました。
さっき親に手伝ってもらった時は布団の中に尿瓶を入れてもらって、左手で何とか尿瓶にしましたので、びっくりして「先生、布団捲ったら恥ずかしいよ、布団で隠すようにしてくださいよ」と言いました。

すると先生は「布団をかけたら、汚すかも知れないでしょ、こんな時なんだから先生がしてあげるわよ」と言いながら、半ば強引にパンツを下ろしにかかりました。

私も観念して腰を浮かし、パンツを下ろしやすいようにしました。
先生は、その日、胸の広く開いた服を着ており、先生が屈むと脇から胸の谷間と膨らみがよく見えました。
私は気を逸らそうとしましたが、目は釘付けで、息子は徐々に反応してきました。

先生がパンツを一気に下ろすと、そこには完全にいきり立った息子がありました。

先生はそれを見て「あら、元気になってるネ。若いからしょうがないわよ、じゃー尿瓶に入れるから触るわよ」と硬い息子を掴んで、尿瓶の口に入れようとしました。

しかし、へそに着くくらいに硬くなっているのでうまく入れられません。

「もう、これじゃ入らないわよ、少し落ち着かせて」
「先生、無理です、先生の胸が見えてしまったからいけないんです」

「バカ、でもごめん見えちゃった?しょうがないわね」と考えていました。

そして「あなた、誰にも言っちゃダメよ、先生が出してあげるからいい」と言うので、びっくりしてしていると、先生は手で私のカリの部分をしごき始めました。

とても気持ちよくなり、つい先生に「胸、触ってもいいですか?」と言うと、「そっとならね、早く出して」と言うので、先生の胸の中に手を入れて揉むようにしました。
先生の胸は柔らかくとても気持ち良く、すぐにいきそうになり「先生出ます」と言うと、先生はなんとパクッと口で咥えてくれました。
一気に先生の口の中に放出してしまいました。

先生はその後、綺麗に舐めてくれました。

そして「布団を汚すといけないから、先生が飲んであげたわ。でも、誰にも内緒よ、絶対に」と言いました。

これが私の衝撃体験です。



PAGE TOP