両思いだったんだね【セックス体験】

俺が中学生のとき、とても仲のよかった『N』という女子がいました。

毎日メールや電話でエロイ話やまじめな話をしていましたが、お互い「好きな人がいる」と言い合っていました。
ちなみに『俺(U)』は顔は中の上だが、女の子には結構人気があった(N談)。
Nはと言うと、明るく元気な子で、沢尻エリカの中学生の頃って感じw
ある日、話の流れから俺がNの家に遊び行くことになった。
実はNのことが好きだったおれは大喜びw
エロイこと想像して抜きまくってた。

[adrotate group=”1″]

N「いっぱいエッチなことしよーねw」

俺「ん~、まぁそれはその時の雰囲気次第だな」

N「U・・こわっ、襲われそう!w」

なんて会話を何度もNとしまくってたw
まぁ、そのときNは本当は何も起こらないと思ってたそうだw

そんなこんなで当日・・・。

N「U、お待たせ!!」

待ち合わせ場所で待ってたら、いきなり後ろから喋りかけてきた。
なんかカップルみたいだなぁとすごく幸せだったよw

俺「じゃぁいこっか?」

N「うん!☆」

俺「卒業アルバムもって来たよ~」

N「あっホント!Uの小学生のときの顔楽しみ~、早くみたいな!」

俺「すっごい変だぞ!?」

N「ううん変じゃないってUなら、今はかっこいいしw、それにUは性格もいいでしょ?もしかっこ悪くても私はそれだけでいいのw」

普通ならこれで気があるってわかるけど、当時は鈍感な中学生、あまり気にも留めなかった(汗)

そうこう話してるうちにNのうちに到着。
なかなか広いマンションだった。
Nの部屋は女の子の匂いがして、とても居心地がよかった。
ジュースを貰い、しばらく話した後、Nの卒業アルバムを見ることになった。
小学生のNは今と同じで可愛く、絶対モテるタイプだった。

俺「結構いいじゃん!」

U「そんなことないよ。すっごい不細工でしょ!w」

俺「そうかなぁ?可愛いと思うよ?今と同じでw」

なにも考えずこんなことを言ってしまった。
恥ずかしいことを言ったことに気付いた俺は、顔がとても赤くなってしまったw

N「ホント?」

俺「えっ!えっとその~・・・」

N「嘘なの?」

恥ずかしくなっていた俺は・・・。

俺「嘘だよ」と言ってしまった(汗)

N「も~」

俺の肩を掴み揺らす・・可愛かったw

俺はこのままではいけないと「あ~、可愛いって!めちゃくちゃ!ホントにさ!」と言った。

N「ホント?嬉しいな!☆」

こともあろうかNは俺に抱きついてきた。
俺が抱き返すと一瞬びっくりしたようだが、全く抵抗しなかった。
チャンス!と思い、キスしようと体を離しNを見つめた。
Nは黙って目を閉じてくれたよ。

ゆっくりと顔を近づけて、Nの唇にキスをした。
その感触には一生忘れないくらい感動した。
しばらくして顔を離した。

N「U」

俺「N・・あのさ、俺ずっと前からお前のこと好きだった」

N「ホント?」

俺「ああ」

N「私も好きよ、両思いだったんだね☆」

感動した俺はNを強く抱きしめた。
時折、Nが「U~」と呼んでくてすごく幸せだったよ。
エッチしたかったけど、初日からするのは節操がないと思い、やめた。
しばらくして体を離し、ちょっとイチャイチャした後、帰ることになった。

玄関で帰るときにまたキスをした。

N「また来てね☆」

それだけで俺は幸せな気持ちになった。
その後、しばらくしてエッチも出来ましたw

Nは今でも俺の彼女です。
いつか結婚すると思う。



PAGE TOP