妻と従業員のセックス現場を目撃した寝取られ話【エッチな話】

我が家は2階建てで、1階は倉庫兼作業所になっており、

朝8時から夜の10時頃まで従業員3名と

私達夫婦の5名で玩具の検品業を営んでおります。

従業員といっても、

正規の雇用契約を結んでいるのは1名だけで、

残りの2名は臨時雇いです。私も既に45歳、

7つ年下の妻と結婚直後に会社を辞めて独立して、

かれこれ10年が経っています。

妻は、外でパートもしており朝出と遅出を交互にやってくれています。

とある平日の夜、残業がなかなか終わらない日がありました。

月末の支払の業務も残っており、

あとは妻に任せて2階の自宅兼事務所にあがりました。

しばらくして、聞きたいことがあったので

妻の携帯に電話しましたが、出てくれません。

面倒でしたが、下の作業所に降りました。

作業の気配が消えていて、

妻と従業員2名の合わせて3名いるはずが誰もみえません。

声を出そうとしたときに、

倉庫の中に停めている軽トラックの後ろで人の気配を感じました。

「まさか・・・」、一瞬思わずたじろぎました。

妻は地面に両腕をつき、

ジャージを下ろしてひざを立て尻を突き出していました。

その尻に従業員の一人が顔を埋めています。

二人とも無言の行為です。

ときおり妻の低いうめき声が聞こえます。

しばらくして、従業員は妻を立たせました。

妻の尻は丸出しのままです。

妻は、太ももを閉じていましたが、

従業員の足で無理やり開かされました。

後ろから抱きしめられ、指で秘部をいじられています。

その格好で唇もいたぶられます。

従業員は臨時雇いの多少痴呆症気味の20歳の青年です。

そのとき、

本来居るはずのもうひとりの従業員の足音が倉庫の外で聞こえました。

おうやら、近くのコンビににでも行っていたようです。

絡まっていた二人は急いで離れ、

妻はジャージを元とおりにはきなおし、

手についたほこりをはたきました。

何もないげに、

妻が「コーヒーも買ってきてくれた?」とその従業員に声をかけます。

事務所にそのまま戻ってしまった私は、

今見たことを振り返りました。

夫婦関係をややこしくしたくないし、

相手は痴呆気味で善悪の区別があまりつかないし、

それに触られただけで、挿入にはいたってないし、

妻も突然に襲われて、騒ぎを起こしたくなかったのだろうと、

出来るだけ善意に解釈しようとしました。

ところが・・

その夜、仕事がおわり従業員を帰したあと、

一旦は2階に戻ってきた妻が、

倉庫の検品が残っていると言いまた倉庫に降りていきました。

先程の事が気になった私は、

妻が降りたあとを、気付かれないように付いていきました。

明るい倉庫の向こう側の暗がりで妻が作業をやっていました。

しばらくして、コンビにに買い物に行ったほうの従業員が倉庫に入ってきて、

妻のほうに向かいました。

状況が把握できません。

従業員が妻に話しかけます。

「彼は若いから、あんな変な事をさせると毎日やってしまうから困りますよ。社長にもばれると大変ですよ。どうして、あんなことさせるんですかね。」

「そんなことじゃないんです。」

「そんなこともあんなこともないだろうよ。」

と従業員。

その従業員は、遠い親戚で唯一の正規社員、

年は私よりも15ほど上です。

奥さんもいます。

「普通、社長の奥さんが従業員に尻に指やベロを入れられたりしちゃ、おかしいでしょう」

と従業員。

どうやら、先程の光景を、この従業員にも見られたようです。

「じゃーしかたがないな。奥さんは従業員を平等に扱わないとだな。」

「俺のほうが待遇わるいのも変だしな。」

などと言いつつ、従業員は妻の腰に手を廻しました。

そのまま、妻を後ろ向きにし、床に手を付かせようとします。

妻は抵抗します。

「同じようなことじゃないと、駄目だな。ねえ、奥さん」

「社長には内緒だよ。勿論だよ。」

妻は、とうとう床に両手と両膝を付きました。

気のせいかハンべそをかいているようです。

従業員は、両手を付かせた妻のジャージをずり下ろし、

妻の白い尻を露出させました。

それから、自分のズボンを下ろし、

一物を引っ張り出してしごき、妻の尻の割れ目にあてがいました。

「○哉の時に濡れていたのは、どこいったかなぁ」と、

一旦あてがった一物をはずしました。

容易に妻の穴に挿入出来ないようです。

今度は、自分のツバを塗りたくっり、

更には妻の尻を片手で大きく広げたうえで、

もう一方の手で一物を妻の穴に固定し、腰をずんと沈めました。

「うっ・・ん」妻の声が聞こえます。

従業員の一物は妻の穴にはまったようです。

従業員は、よだれをたらしながら、

自分の一物を妻に出し入れさせます。

しばらくして、一物を抜き、

「○哉とは、これをやってたね。」と言いつつ、

妻の割れ目に顔を埋めました。

しばらく妻の尻の上で顔を上下させていましたが、

やがてまた、思いだしたように一物を挿入、

妻はいいなりの状態で、執拗に尻での奉仕を続けさせられます。

パンパン、パンパン、やがて従業員の発射のときを迎えました。

年を食っているせいか、やけに長い、ネチネチした性行為でした。

白い妻の尻と毛むくじゃらでしわと皮の男の足と尻の合体のコントラストは、

不気味ささえありました。

時間にして約30分ほどでしょうか。

一部始終をみてしまった私は事務所に戻り、

何食わぬ顔で事務処理をしている振りをしていると、

妻が戻ってきて何も言わずに風呂場へ向かいました。

今だに、そのときのことは妻には話していません。


PAGE TOP