彼女の妹に筆おろしされた20代社会人の童貞男【セックス体験談】

自分は地方の3流大学を卒業して、

地元の小さい会社に就職しました。

会社の同期に中卒の女の子がいたんだが、

ほかの人たちが全員40越えという事もあり、

よくこの同期のOLとつるんでた。

その子の家庭は複雑で妹を高校に行かせるために、

進学せずに就職してお金を稼ぐことにしたらしい。

とはいえ塾に行かせる余裕が無いとのことで。

勉強ならと俺が家庭教師を引き受けていた。

夏にはその子と付き合い始めていて、

それなりに色々したが、

童貞の俺は体を触るから先に進めていなかった。

クリスマス前の土曜、

彼女が友達と忘年会のため俺と彼女の妹C子だけで

勉強をすることになった。

勉強する前にc子は次のようなことを言ってきた

「先生童貞でしょ?」

「お姉ちゃんを触るだけ触って帰らせるから、

帰ってから泣いたり落ち込んだりして自分でしている」

「次のクリスマスデートではきちんとお姉ちゃんとしろ」

で「毎回そのつもりだけど

よくわからなくてパニクるから自信ない」

と年下の彼女の妹に愚痴ってしまったw

すると「私初めてじゃないし、

教えてあげるから」とキスをしてきた。

そのまま俺の片足をまたぐようにすわり、

腰を擦り付けてきた。

パニクってなすがままにされる俺

「腰に手を当てて、動きにあわせて動かして」

舌を絡めながら、C子の腰を動かしていると、

「もう大丈夫」と言われた

「まず入れる練習ね」

そういうと、C子は裸になり、

俺のズボンとパンツを下ろす

そのまま俺を座らせ、

いったん俺の脚をまたぐと自分で俺の入れていく。

対面座位の形

そして「ほら簡単、もう入ったよ・・」

この時点で俺の理性はとんだと思う。

初めての中は創造してたよりもきつく暖かかった。

俺はC子を抱き、動かした

そして、達すると

「童貞もらっちゃった」と耳元でささやいてくる

俺のびくつきが止まると自分から抜いて、

勉強机に上半身を乗せおしりを突き出してくる

「精子指入れてかきだして」

彼女よりも毛が濃いかもしれないとおもいつつも

精子があふれ出る膣に指を入れ動かしながら

ティッシュで精子をふき取る

C子は自分でクリをいじり、

声を出さないようにしていた。

そして、何かに耐える声で

「入れてみて」

しばらく直接入れようとするがうまくいかない

それでもC子は何も言わずに俺を待っててくれる。

あそこからは精子とは違うものが出てきていた。

だけどうまくいかない。

C子から「手で持ってみて」といわれ

自分で自分のものを握ってみると、

案外簡単に入れられた。

だけど、今度は腰を動かすと何度も抜ける、

ぜんぜんうまく動かない

「ゆっくり引いてみて」

言われるままにゆっくり感じながら抜き、

力いっぱい突き入れることを繰り返した。

C子は自分でクリをいじっている。

クリじゃないといけないらしい。

だから俺はクリを指で触りながら

慣れてきたピストン運動を繰り返すと、

C子はあっけなくイク。

だけど俺はまだいっていないから、

そのままいじりながらいくまで腰を振った

C子の今までの体験は、あそこを舐められて濡れたら挿入、

相手がいって終わりだったらしく、

SEXでいったのははじめてだったらしい。

だから自分がいっても止まらないのは

初めてでなんか恥ずかしそうに笑ってた

いったん、二人でシャワーを浴びることになり、

彼女の妹とお風呂へ

お風呂では練習の名目で、

手であらいっこした後、お互いを舐めた。

C子の手こきから口のコンボでまたフィニッシュ。

俺も何箇所か同時に攻める方法を一緒に考えて試し、

またさっきのことに味を占めていっても

手を休めずに何度か連続でいかせた。

そのまま正常位の練習、

なんとなくもう挿入に困らなかった。

そして、挿入したままのキスはお互い盛り上がるものがあり、

そのまま腰を振る

C子は自分のクリをいじり、ほとんど一緒に達した。

このときのC子のあそこは

生き物のように動いていたのを覚えてる。

その後彼女と初めて結ばれたが、

妹とも勉強を教える傍らたまにHするようになってしまった。

童貞から一気に姉妹丼経験者に昇格してしまいしたw


PAGE TOP