色白でピュアな見た目の彼女はメンヘラだった・・【セックス体験】

興味があるやつもないやつも話を聞いてくれ。

そのメンヘラビッチな彼女と知り合った経緯は、近所で探せる出会い系サイト。
最初に写メを見た時、色白で凄くピュアな感じな女の子で、見た目は栗山千明みたいだったんだ。
俺は目がパッチリしている女の子がタイプだったので、話とかをして仲良くなっていくにつれて、物凄く嬉しかった。
もう心臓が嬉しくてバックバクしたよw

そして、ある程度親しくなった時・・・。

俺「無理だったらいいんだけど、携帯番号とか教えてくれる?」

女の子「いいよっ」

この瞬間、グッと拳を握り締めた。
あとから聞いた話、向こうも俺に好印象だったらしい。
そして、電話もできるようになったある日、夜21時頃に電話がかかってきた。

女の子「今◯◯で飲んでるから来て」

どうやら一人で和民のカウンターで飲んでいるらしい。
俺も仕事上がりで、一杯したかったところだったので・・・。

俺「いいよー、10分くらいで着くと思うから、待っててー」

女の子「うん」

この日、その居酒屋に行った事が、全ての悲惨な日常な始まりになるとは、その時の俺は気づいてなかった。

居酒屋に着くと、カウンターの一番奥に座っている彼女を見つけた。

俺「お待たせー」

女の子「・・・。ここ座って・・・」

何か少しだけ雰囲気が重かった。
少しお酒に酔っているのか、目もトロンとしていた。
そして、足元には小さなバスケットケースみたいなカバンが置いてあった。
よくよく聞いてみると、実は彼女には彼氏がいたらしく、関係が悪化していたらしい。
その喧嘩(?)の流れで一人酒をしていたという事だった。

話が進むにつれ、俺の家でDVDを見る事に納まる事になり、どうやら、俺とお気に入りの海外ドラマ『フレンズ』を見たかったようだ。
それで気分を癒したかったんだろう。

そして帰りに「TSUTAYAに寄ろう」と言うと、「寄らなくても大丈夫」と言い、バスケットケースをバカッと開けると、その中には大量の『フレンズ』のDVDが埋まっていた。

家に着き『フレンズ』のDVDを見て、そろそろ夜も遅くなってきた。
さすがに初日から家に泊めて、どうのこうのあれなんかなと思って、どうしようかなと思っていた矢先・・・。

女の子「今日泊まっていく・・・」

俺「いいけど、布団一つしかないしシングルだよ・・」

女の子「うん大丈夫」

まさかの宿泊希望。
二人くっつきあいながら小さな布団の中で寝る事に・・・。

夜の2時頃だろうか、彼女がモゾモゾしだした。
俺もさすがにこの狭い布団で寄り添って寝てるのは少し暑かったので、眠りにくいのかなと思っていたその時、布団の中に潜っていき、俺のスウェットのパンツを下ろし、フェラをし始めた。
あまりにも急だったので俺は何の抵抗もできずに、そのままイキ果てた。

女の子「気持ちよかった?」

俺「うっ、うん」

俺は呆気に取られるばっかで、気付けば何回も抜かれていた。
そして、そのまま俺は寝てしまい、気づけば朝になり、またフェラされていた。
そんなこんなで付き合うようになり、彼女はいきなり「同棲したい」と言ってきた。

そして今度はさらに大きいカバンを持ってきた。
今度の中身は何なんだろうと思い、少し興味を抱いていたところ、急にカバンを逆さまにし、何かジャラジャラ出してきた。

よく見ると全て薬だった。
睡眠薬に精神安定剤、他は何か分からないものだったが、大きなザル一つ分くらいに収まるほどの錠剤を机の上に置き始めた。

前々から薄々と気づいていたが、今回のこの薬を見て、彼女がメンヘラだと確信した。

よく見ると、左腕には大量のリスカの跡もあり、たまに仕事から帰ってくると、「またヤッちゃった」と左腕が血だらけの時もあった。

んで困っているのはここからなんだ。
毎朝、毎晩セックスをさせられるんだ・・・。
それも生で。

夜は夜で「不眠症のせいで寝れないから」と言うので、夜3時にセックス。
朝は朝で8時にセックス。

これが毎日続く・・・。

んで一度断ると拗ねてリスカに走ったり、気が狂ったりした事があったから、早々に断れないんだ。
別れるっていう手もあるだろうけど、まだ付き合って1ヶ月しか経ってないし、タイプの女の子とだから、そういった事は今考えたくない。

誰か助けて・・・。



PAGE TOP