トイレで見つけた人妻の電話番号【セックス体験談】

仕事で外回りをしている時、急に腹の調子が悪くなった。
そこで、目についたDIYショップに車を止めトイレに駆け込んだ。

ホッと一息ついた時、トイレットペーパー部分に、何やらメモがあるのを発見した。
メモには、『人妻綾子の紹介。綾子の電話番号***-****-****。綾子の旦那の電話番号***-****-****。綾子に電話して、浮気してる事を旦那にばらすと言えば何でも従う。俺は出張で来ていたため1回しか出来なかったけど譲ります』と書かれていた。

どうせ落書きと同じデタラメだと思ったが、メモをポケットに入れて置いた。
2日後、平日だが代休の為、昼過ぎから暇を持て余していた。
その時ふとメモの事を思い出し、悪戯だろうと思いながらも電話をしてみた。

「はい、◯◯です」

女性の声。

俺「綾子さんですか?」

綾子「はい、そうですけど・・・どなたですか?」

俺「浮気をしたらダメだなあ。旦那にバレされたくなかったら俺にも良い思いさせて」

ストレートに言ってみた。

綾子「何かの間違いですか?失礼します」

俺「旦那の連絡先は***-****-****だよね。電話して証拠写真渡しておくから」

綾子「証拠写真?」

俺「ホテルに勤めているので、撮らさせてもらったよ」

綾子「どこのホテルですか?」

俺は一瞬迷ったが、メモのあったDIYショップ近くのホテルの名前を言ってみた。

俺「◯◯ホテルだけど」

綾子「・・・ごめんなさい、主人には連絡しないでください」

俺「では、今から会う事」

綾子「はい・・・どこに行けばいいでしょうか」

俺「綾子の近くのコンビニはどこだ」

綾子「◯◯町のローソンです」

(近所だ!ラッキー!)

そこにノーパン、ノーブラで、ミニスカとTシャツかタンクトップで来る事。
もちろん乳首が透けるように。
時間15時。
店の中のH本コーナー前で待つ事を伝えた。

綾子「とりあえず行きます」

約束の時間の5分程前に店に車で着いた。
車をH本コーナー前あたりに止め、中の様子を見た。
女性がH本コーナーにいるが、本とかが邪魔でルックスやスタイル確認が出来ない。
とりあえず電話をしてみた。

俺「もうすぐ着くが、そっちは着いているのか?」

綾子「はい。すでに着いて待っています」

H本コーナーにいた女性の電話のタイミングも間違いが無かったので、間違いないと確認して店の中に入った。
店の中には、その女性と、おじいさんが二人。
食べるコーナーで何か飲みながら例の女性の方を見ていた。
アルバイトらしき店員もその女性を見ているようだった。
女性を見ると黒木瞳を少し若くした感じであり、スタイルも後から聞いたが90-59-80のFカップと文句のつけようがなかった。

俺は綾子に近寄り・・・。

俺「綾子さん、お待たせ」

綾子は何も言わず俯いている。

俺「命令には従っているか?」

綾子は黙って頷いた。

俺「証拠を見せてごらん」

綾子「ここでですか?どうやって・・・?」

綾子は小さい声で言った。

俺「まずノーブラから。Tシャツ捲ってごらん」

綾子「命令通り白いTシャツなのでわかると思いますが・・・」

俺「命令に従えないの?ならこのままサヨナラかな」

綾子「すみません従います」

綾子は一瞬だがTシャツを上げ、乳首が確認できた。
店の中の視線を釘づけにしている。

俺「次はノーパンだね。股を開いてかがんで、スカートを捲りあげて」

綾子は何も言わず、一瞬だが従った。
俺は勝ち誇ったように、綾子の胸を揉みながら店を出て車に乗り込んだ。

エンジンをかけ、車を出す前に・・・。

俺「全裸になって。服は後部座席に置く事」

綾子「車を出してください。それからなら」

俺が睨み付けると諦めたように、脱いで服を後部座席に置いた。
コンビニの中から、おじいさんが見ていた。
そのまま車を走らせ、フェラをさせた。
時々隣の車線の車からの視線を感じたが、それも快感であった。

俺「オナニーをする事」

車の中の消臭スプレーがあったので手渡した。

綾子「これは無理では・・・」

俺「努力もしないで口答えか?」

綾子「頑張ってみます」

数分後、綾子は喘ぎながら、スプレー缶を入れていた。
我慢が出来なくなったので、近くの港に行き、車の中で一発してもちろん中出しした。
車の中の様子はビデオに撮らさせてもらった。

それから色々話を聞くと綾子は、看護師で、入院していた男性と偶然街で会った時告白されたが、結婚している事を伝えると、一回だけと真剣にお願いされ、関係を持ったそうだ。
その時ホテルから出たところをばったり、出張中の盲腸で緊急入院した患者と会い、その男性に、病院と旦那に患者と関係を持った事を話すと言われ、口止めで関係を持ったそうだ(それがメモの主かな)。

俺も正直な事を話した。
綾子は酷いと言ったが・・・。

俺「でも、さっき撮ったビデオあるよ」

綾子は泣きじゃくりながらビデオを消すようにお願いしたが、そうはさせなかった。
それから綾子と俺の関係は続いている。



PAGE TOP