勧誘レディーに中出し 【エッチな話】

15年間単身赴任で自炊生活をしている小生が昼食の準備をしているところへ、34歳バツイチの宅配お惣菜業者のセイルスレディーの秀子さんが勧誘の為訪問して来た。
仕事の関係で出張も多いので定期的な購入が出来ないので断り続けたが、土・日曜日だけの会員でも良いので入会して欲しいと懇願され、台所でサンプルを調理してくれたのを二人で食べながら世間話から秀子さんの身の上話を聞かされるはめになった。
身長165位でバストは90のDカップの胸を見ていて、禁欲生活の長い小生の局所が変化するのにそんなに時間はかからなかった。

ノルマが有るので懇願する秀子が小生の横に座り膝を崩した時、チラリとスカートの中の黒のショーツが見えた瞬間我慢出来なくなり
「秀子さんを抱きたい」
と言うとビックリした様で無言のまま返事がなかったが、再度訊ねると
「胸を触る程度位なら良い」
との聞き取れない様な小声で答えてくれた。

秀子さんの左肩に手を置き右手でブラウスの上から巨乳を優しく揉みながらキスをしたら彼女から舌を絡めてきたので、ブラウスのボタンを外し手早く脱がしブラも外し乳首を舌で舐めると、上ずった声を出し小生の股間に手を伸ばしズボンの上から硬直した息子を触り、足を大きく開きショーツが丸見えになっていた。

「大事な所を触っても良い」
聞くと
「駄目」
とつれない返事が返ってきたが、無視して中に手を入れたが、既に洪水状態で愛液が溢れていた。
「体は正直に求めているよ」
と秀子に言うと
「随分してないか分からない」
と虚ろな目をして答えた。
すかさずスカートとショーツを剥ぎ取り全裸にしてから、小生も衣類を脱ぎ即応体制になり肉樹を秀子の口元へあてがうと、直ぐにフェラを始めた。
指や舌でクリを責め
「入れても良いか」
と聞くが返事が無いが、喘ぎながら肉樹しっかり掴んでいるので、その状態で蜜口に誘導し
「入れても良いね」
と聞くと同時に秀子の方が腰を動かし一瞬にして肉樹が見えなくなり、気持ち良くピストン運動をしながら限界が来る前に
「生中出ししたい」
と言うと首を横に振りながら「ハア・ハア」喘いで
「お願いだから外に出して」
と懇願したので
「外に出すよ」
と返事をしてピストンを続けていると、膣が急激に締まり秀子の方が先にいってしまい、小生も限界で肉樹を抜こうとした瞬間に秀子が足を絡め抱きつき身動き出来ない状態になり、大量の白濁液を膣奥に放出した。

逆流も終わり余韻が覚めてから
「最初からピルを飲んでいるので生中出しして欲しいと思っていたが恥ずかしくて言えなかったので最後に足を絡めて身動き出来ない様にした」
と秀子が話してくれた。
年甲斐も無く秀子の膣に3回生中出しさせて貰った上、入会しなくても良いので定期的に会って欲しいとの申し入れを快く受け入れやり、2週単位で生中出しの約束をし、記念に黒のショーツを置いて次の勧誘にノーパンで行ったが、残液が流れ出ないか小生の方が心配している。





PAGE TOP