試着室の壁に押し付けられながら犯されて【エッチ話告白】

お客様はほとんどが女性、そして私の店の同僚は皆女性なのでこんな事は決してない・・・と思っていたのでまさか、と思いました。
ここのお店に就職して4年、本当にびっくりしました。

私はウェディングドレスの店で働いています。
来るお客様は幸せいっぱいの花嫁ばかり。
あ、もちろん私にも彼氏はいますよ。
もっとも、平日の日中はほとんどお客様がいないので、昼過ぎまでは一人きりになる事が多いのです。
その時を狙われたのでしょうか。

とある冬の平日の朝、お売りするウェディングドレスを手入れしていたところ、私とほぼ同じぐらいの20代後半と思われる男性のお客様が一人、来られました。

少し緊張しながら「いらっしゃいませ」と声を掛けると、その男性は「撮影会に使うドレスを探しているのです」と仰りました。

私の店ではドレスを売る時には必ず、ドレスを着られるご本人に来て頂く事になっており、その事を説明すると「どんなドレスがあるのか見るのはいいですか」と尋ねられました。

見るぐらいならば構わないので、「良いですよ」と答えました。

それからウェディングドレスを並べているコーナーへご案内しました。
私の店では、ドレスに触れる時には店員はもちろん、お客様も必ずナイロンの白手袋をはめる事になっています。
しかし女性用の手袋しか用意していなく、男性のお客様ははめる事ができそうになかったので私が手袋をはめてご案内しました。

お客様はいくつか気になったドレスを指して、私が「お手を触れないようにお願いします」と声をかけながら示します。

そのお客様は、外が寒かったからでしょうか。
薄汚れた軍手をはめておられました。

軍手のままドレスに手を触れたので、「お手を触れないようにお願いします。ドレスが汚れるかもしれませんので」と声をかけました。

するとその瞬間、「それぐらいいいだろう」と逆切れされ、口を塞がれました。

少し油くさい軍手でした。
それから私は試着室に引きずり込まれました。
お客様の目は、先ほどまでの穏やかな雰囲気とは全く違っていました。
抵抗すると何されるか分からない不安に襲われました。
怖くて声も出せません。

お客様は黙ったまま、私を試着室の壁に押し付けます。
押しつけられた壁には、手入れ中だったウェディングドレスをかけていました。

(こんなところに押し付けられるとドレスが傷んでしまう)

でも抵抗できませんでした。

制服のロングスカートの中に頭を突っ込んだかと思うと股間を舐められたのでしょうか。
それから履いていたパンストとパンティがずらされ、股間をざらざらした軍手でまさぐられます。
それからお客様の一物が挿入されました。

胸を揉まれたかと思うと私の手を握り、私の制服の上着に顔を押し付けて・・・。

「いい香りがしますね」「制服、とても似合いますよ」などと言われたのだったと思います。

怖い一方で、段々気持ち良くなっても来ます。

一瞬引き抜かれたかと思うと、お客様の一物の先から思い切り飛び出しました。
私の制服のスカートや、壁に掛けていたドレス、試着室の床の絨毯に溢れました。
しばらく茫然としていると、その男性客はそのまま店を出て行ったようでした。
それから私は体を震わせながら、溢れたものを拭き取ったのでした。

もちろん怖かったのですが、でもちょっぴり気持ちよかったような・・・。

それから家で時々、犯されるところを想像しながら一人で楽しむ事も・・・。



PAGE TOP