駅のホームで吐いていた女【エッチな話】

帰るために、改札を抜けて階段を下りる。
階段を降りた下には、誰かが吐いた後が。
気にせずにトイレに行こうと思うと、男子トイレなんだけど、フラフラしながら、戻ってくる女を発見。
ピンと来た。

「この女が吐いたんやな」

女はヨロヨロと女子トイレの方に向かっていった。

[adrotate group=”1″]

「これは、オッパイくらい揉めるな」と思い、出てくる女を待つ。

しかし、ホームで待っているから駅員にとっては少し不審者。
たまに、携帯のメールを誰かしらに送りながら、女が出てくるのを待つが、なかなか出てこない。

「もしかして、トイレで寝てる?」

そんな事を考えていた。

「こりゃ、意を決して女子トイレに入ってみよう!」と、トイレの方向に歩き始めたときに女が出てきた。

でも、階段の下でうずくまってしまう。

「チャンス」

この機会の逃さないように、一気に話し掛けながら、背中をさすってみる。

「大丈夫ですか?」
「あっ、すみません」

声にならない弱々しい声が返ってくる。

でも、階段下でかなりの人に目がつくため、もう一度トイレに行くように促して、右手で彼女の腰を持って一緒に歩いていく。
歩きながら彼女の顔と胸を確認。
顔は普通でショート。
胸はCカップくらい。
トイレに行くとしゃがみ込んでしまう女。

背中を摩りながら何度か聞く。

「大丈夫?」
「すみません」

「今日は飲みすぎたの?」
「はい」

「家は何処」
「◯◯」この駅からはタクシーで行くと1万円はかかる。

どうやら、電車に乗っていたが、吐きそうだから降りた模様。

背中を摩りながら聞いてみる。

「ブラしてたら、旨が苦しいから、はずそっか」
「・・・」

なにも反応がないが、ブラのホックを外して、肩からヒモを取り出し、ブラを取り出す。
カップを確認。D。

そんな意識が朦朧としている女の胸を揉んでみる。
かなり気持ちいい。
ここで火がついてしまい。
持ち帰ろうと思う。

とりあえず、トイレを出て、改札を抜けタクシーに、タクシーに女の家の方向を案内して、女は車内で睡眠。
寝ている間にも胸をGET!
少し走ったと事にホテルがあったので、すかさずチェックイン。

部屋に入ると自動料金の「いらっしゃいませ」というアナウンス。
かなり音量が大きく、イラっとする。
女をベッドに寝かすと、まずは、ジーンズから脱がす。

次にTシャツ。
パンツは意外と抵抗があるが、一気に脱がす。
そうこうしている間に、もう一度女が吐く。
吐き終わると、俺も全裸になり、後ろから抱き合う。
事情を察知した女が抵抗するが、酔っているせいで弱々しい。
ココまで来たら、もー止められない。
正常位でいきなり生挿入。

「えー、なんで?なんで?」
「いいじゃん。ホテルまでに来たんだから、最後までさせてよ。誘ってたんだろ?」

「そんなことない」と言いながらも抵抗をしてくる。

「うっとおしいな。じっとしててよ」って思いながら、生挿入を一回抜き、手マン。

思いっきりしてやると、急に感じ始めたらしく、潮を吹きながら一回イッてしまったらしい。
体がピクピクしている。
じゃー、また生で挿入。
今度はすんなり俺を受け入れてキスを要求してくる。
おもいっきり、酒臭い口で舌を絡めてくる。
そんな行動に興奮しながら、ガンガン突いてやる。

女は「あー、いい。もっと。もっと」と感じまくっている。

もー俺も限界が近くて

「口に出していい?」
「どこでもいいよ」

そんな言葉を聞いたので、思いっきり中出し。
彼女もピクピクして同時にイッタ。
女はその後、眠っていった。

俺は、ビールを飲み、シャワーを浴びてホテルを後にした。



PAGE TOP