母と青年団団長の不倫の噂【セックス体験】

一昨年、父の仕事の都合で現在の田舎町に引越しして来た。

母は春から婦人会の役員をしており、最近は盆踊り大会の模範演技をするとの事で忙しく帰宅が遅く成る事もあった。
先日、知人から母と同じ盆踊り役員の青年団団長とが「ヤッテイル」との噂が広まっていると聞いた。

昨日、盆踊り大会があり、土建業で真っ黒に日焼けした大男の団長は、櫓の上でハッピからモロ肌出してど迫力の太鼓を叩いていた。

母は猛暑の為、汗で浴衣が体に張り付き、豊満な体の線が丸出しで、無茶苦茶エロい姿になり、男達の視線を浴びているのがわかった。

一部が終わり、母が役員テントに戻って汗を拭いていると、団長も櫓から降りてきて、母の横で缶ビールをラッパ飲みし始めた。
母はその団長の裸体から噴出した汗を、自分の汗付きのタオルで拭き始めた。
親しい役員同士なら、これ位の親切は普通かも知れないけど、噂を聞いていた僕は、母がH後の汗を拭いている様に見えた。

その時、二人の横にいた老役員が「いつも、SEXの後はこうやって汗を拭いてやるのかい?」と、僕が思っているのと同じ事を聞いた。

別の役員が「こんな雄馬みたいな奴と腰が抜ける程ヤルと、汗も飛び散るよなぁ~、奥さん」と言うと、母は「もぉ~」と身を捩って笑っていた。

その間、団長はニコリともせず仁王立ちでビールを飲み続けていた。
その姿が「お前ら当たり前だろう!」と言う態度なのか、「有りもしない噂話をしやがって!」と無視しているのか僕には判らなかった。



PAGE TOP