盛りのついた女課長とイケナイ関係【エッチ話告白】

当時31才、課長との出来事を書かせて頂きます。

俺が当時入社して半年ぐらいの事でした。

まずは課長の簡単なプロフィール。
・当時31才で独身。
・体型は身長はやや高く、昔、水泳の選手だったみたいでガッチリしている。でも太ってるわけではなかった。
・胸は小さめで推定Bカップ。
・性格はサバサバしている。
・容姿は点数を付けると100点満点中65点。
・芸能人に例えると、友近に似ている。

課長とは、最寄りの駅が一緒で、帰宅の電車が一緒になる事が多かった。
普段から帰宅の電車の中では仕事の話もしたが、プライベートの話もしていた。
課長の話によると、課長は彼氏が2年ぐらい居ないと言っていた。
まぁ、別に驚きはなかった。

そしてある週末、会社の親睦会で10数人と飲みに出掛けた。
親睦会は10時過ぎに終わり、ホロ酔い気分で解散した。

当然、最寄りの駅が一緒の俺と課長はいつものように店から駅に向かった。
駅に近づくと何だかザワザワしている。
どうやら人身事故で1時間ぐらい電車が止まっていた。
数分待つと運がいい事に動き始めたと言うアナウンスが流れた。

改札を通りホームに上がると、そこは電車を待ってる人でいっぱいだった。
ホームで10分ぐらい待つと電車が到着した。
電車の中もすでに沢山の人だった。
俺達はその電車になんとか乗り込んだ。
電車の中ではほとんど身動きのできない状態だった。
課長と俺はかなり密着して向かい合わせに立っていた。
しかも課長の手の甲が俺の股間の辺りにある。
意識しないようにしていたが、電車が揺れる度に手が股間に擦れるような感じで反応し始めた。
それからフル勃起するまでは、そんなに時間はかからなかった。
課長も俺の異変に気付いたのか、すごく小さな声で「馬鹿っ」と、口を動かした。

俺はバレた恥ずかしさと、その相手が課長という事でテンパり、ろくに課長の顔も見れなかった。
そんな俺に課長は手のひっくり返し、手の平を股間に当ててきた。

予期せぬ展開に俺はビックリするしか出来ない。

他の乗客にバレないように課長は電車の揺れに紛れて、撫でるように触ってくる。
俺はこの状況とスリルに興奮して勃起したままでいた。
そうこうしている間に俺達の最寄りの駅に着いた。
お互いに無口なまま、改札を出た。
いつもなら楽しく話しながら帰るのに、凄くぎこちない状態だった。

「ごめんね。私、酔ってるのかなぁ!?」

課長が足を止め、重い口を開いた。

「俺こそすみませんでした」

俺が謝ると、課長は、

「若い証拠よ。でも、私なんかで反応してくれたのが嬉しかった・・・。それとも、溜まってただけかな?(笑)これは二人だけの秘密よ」

課長はそう言うと、再び歩き始めた。
いつもは早い時間なので途中で別れるが、この日はマンションの前まで送る事にした。

課長の家の近くの公園に着こうとしたときに・・・。

「少しここで話しない?」

課長は足を止めて俺に言った。

俺達は誰もいない公園のベンチに座った。
話す内容もどうでもいいような内容だった。
お互いに沈黙も多くなってきた。

「そろそろ帰りましょうか?」と俺が言うと、課長は「キスしていい?」と、俺を見つめてきた。

「課長、飲み過ぎですよ」と言うも、俺達の距離は一気に縮まった。

そして、課長は目を閉じた。

俺もゆっくりと課長の顔に唇を近付け、キスをした。
キスは次第に激しくなり、舌を絡ませながら抱き合っていた。
俺は我慢出来なくなり、キスしながら課長の胸に手を当てた。
小さく声をあげた課長も、俺の股間に手をおき、撫でてきた。

「また大きくなってるね!?」

課長は会社で見せないエロい顔でチンコを撫でた。
そして、ゆっくりと俺のチャックを下げて、ズボンの中に手を滑り込ませた。

「ダメですよ。これ以上したら、俺、襲っちゃいますよ」

課長は俺にキスをして、

「それなら私の部屋に行きましょう!私を襲っていいよ」

課長は手をズボンから抜くと立ち上がり服を整えた。
公園から課長のマンションまで5分ぐらい歩いた。

課長はその間、「今日の私、変かも・・・。こんなに積極的になったの初めてなのよ。私、軽い女と思わないでね。男性経験も2人しかいないのよ?でも今日は電車であんな事あったから、それからずっと変な気持ちで興奮してるのよ」と、今の気持ちを赤裸々に告白してきた。

「僕も興奮してます。1ヶ月前に彼女と別れて、女性とこんな事してなかったので・・・」

「1ヶ月前にしてんだ?私なんて5年付き合った彼氏と2年前に別れたの別れる前の1年間はしてないから、3年はしてないのよ。たまに凄くエッチな気分になるけど、そんな相手いないしね。だから今日、電車で大きくなったチンチン触ってた時、凄く濡れてたの」

そんな話をしながら歩いてると、課長のマンションに到着した。
エレベーターに乗るなり、再びキスをし、部屋に入ると、靴も脱がずに熱いキスをした。

玄関で俺はスーツを脱ぎ捨てて上半身裸になっていた。
そして課長のシャツのボタンも外して、ブラ姿にしていた。
課長の谷間もない小ぶりの胸を見て、興奮もさらに増した。

玄関から部屋に入るまでには、お互いに下着姿になっていた。

「ねぇ?絶対にこの関係は会社の人には内緒ね」

俺が頷くと、

「先にシャワー浴びましょ!先に入ってて。タオル用意したら、私も行くから・・・」

俺は言われるままに、先に浴室に入った。

「入るよ~」

課長は恥ずかしそうに浴室に腕で胸と股間を隠すように入ってきた。

「うわっ!凄く大きくなってるね。しかも、超、反ってる!!」

俺のチンコのサイズは普通並だが、話を聞くと、前に付き合った人は42才の人だったみたいで、初めての相手も33才の人だったみたいでした。
二人とも歳かどうかは知らないけど、19才の俺みたいな反り型じゃなかったみたい。
まぁ、俺も年齢を重ねると、どうだか分からないけど・・・。

課長はそんなチンコをガン見していた。
俺も、課長の小さい胸や、赤茶色の乳首、濃くもなく薄くもない淫毛を見ていた。
何より流石に水泳をしてただけあって、筋肉質で肩幅が少し広かった。

俺達はお互いに手にボディソープを泡立て、体を洗いっこした。
課長は俺のチンコを両手で包み込むように、念入りに洗ってくれる。
俺も課長の胸を揉むように洗い、乳首を指先で摘むと、課長から可愛い吐息が漏れた。
そして、課長の股間を触ると、さらに大きな声をあげた。
泡だらけの手でも、ヌルヌルしているが分かった。
課長は俺に身を委ねるように手マンで感じでいる。

「あっ、ちょっと待って!!オシッコしたくなっちゃうじゃん」

どうやらお酒も入ってるせいもあって、トイレが近いみたい。
まさかこんな事になると想像もしてなかったので、店を出てから我慢してたみたい。

「お風呂だし、ここでしちゃえばどうですか?」

俺は冗談半分て言った。

「そんな事できないよ。恥ずかしいし、変態じゃないもん」

課長は少し困り顔で俺に言った。
その少し困った顔がとても可愛く見えた。

「変態ですよ。だって電車で部下のチンコ触って痴漢してましたよね?」

俺は意地悪っぽく言ってみた。
案の定、課長は困った顔をして、「それとこれは・・・ねぇ?トイレ行っていい?」と、尋ねなくてもいいのに言ってきた。
そんな事を言われると、もっと困った顔を見たくなり、行かせたくなくなる。

「駄目です。ここでして下さい。ほら、スッキリして下さい」

俺は課長を抱きしめて、耳元で囁いた。

「シィーシーシー・・・」

俺はまるで小さい子にオシッコをさせるように言うと、課長は俺を力いっぱいギュッと抱きしめて、甲高い声で「ヒッァ・・・」と、声をあげた。

すると、何やら、俺の足にお湯じゃない、生温い液体が・・・。

俺は課長の股を見ると、股からジョロジョロと滴り落ちる液体を発見した。
課長は本当にオシッコをしてしまった。

「見ちゃイヤっ」と、俺が発見した事に気付くと、股を閉じオシッコを止めた。

「本当にしちゃったんですね?でも途中で止めちゃ体に悪いですよ。最後まで出して下さいよ」と、俺は無理矢理、課長をしゃがみ込ませた。

そしてパックリ開いたマンコのクリトリスを触ると同時に、再び大量のオシッコが勢いよく出てきた。
俺の手は課長のオシッコまみれになった。

「ごめんなさい・・・」

課長は顔を下げたまま、俺に謝った。

俺は課長にそっとキスをして、「大丈夫ですよ。ありがとうございます。凄く興奮しました。オシッコしている姿を見て興奮する俺も変態ですね?!」と、優しい言葉をかけると、ようやく笑顔を取り戻した。

俺は課長を立たせて、体と床をシャワーで流してあげた。

「私達って、本当に変態ね!いきなりアブノーマルなプレイしているもんね!」

確かに、そうだった。

俺もこの時がそうだが、後にも先にも、オシッコをしている女性を見たのは、課長しかいなかった。
課長はスッキリしたのか、次は俺に「オシッコをして」と、せがんだ。
俺はチンコを持つと、壁のほうにチンコを向けた。
10秒後、チンコからオシッコが出てきた。

それを見て課長は、「うぁっ。出たぁ~」と、はしゃいでいた。

課長はチンコの先に手の平を差し出し、俺のオシッコを受け止めた。

「温か~い。私にかけてみて」と、課長から爆弾発言。

俺は戸惑ったが、課長のほうを向いた。
課長のお腹の辺りに、勢いよく突き刺さる。
いつしか俺は角度を変え、課長の股間に淫毛を目掛けていた。

オシッコを出し切ると、「これでお互い様ね」と、満足気な顔をして、シャワーでチンコと自分の体を流した。

そして俺達は浴室から出た。
体を拭き終えると、俺は課長の背後から抱きしめた。
勃起したチンコを腰に押し当て、片手で胸を揉み、もう片方の手でマンコを触った。
ヌルヌルに濡れたマンコを優しくマン筋に沿って撫で回した。
課長はアエギ始めた。
クリトリスを激しく刺激すると、凄く敏感に反応した。

「イヤッイヤッイヤっ・・・そこっ・・・ダメっダメっ・・・」

今にも立ってられない状態だった。

俺は課長をベッドに連れて行き、寝転ばせた。
そして股を広げて、クリトリスを舐め回した。
凄く敏感に反応してくれるので、俺も楽しかった。

舐めながらも、指を1本・・・、2本・・・、入れて2分ぐらい刺激すると・・・。

「あっあっあん・・・フッ・・・くぅ~っダメっ~アタシ・・・も、もう・・・イキそ・・・。あっ・・・あぐっ・・・イッ・・・いっ・・・イッちゃう~~ん・・・」

課長は、しばらくは息を切らして、横たわっていた。

「私ね、男の人とエッチして初めてイッちゃった。今までの人はね、エッチしても、こんなに感じなかったの・・・」

今の発言で課長は、オナニーをしていると墓穴を掘った。

「そうなんですか?僕が初めてイカせた男性なんですね。光栄です。課長はオナニー、よくするんですか?」と問い掛けると、恥ずかしそうに「もう、知らない」と、恥ずかしさを誤魔化すようにチンコに飛び付いて舐めてきた。

下手ではなかったが、とびっきり上手くもなかった。
でも一生懸命に舐めてくれる姿に興奮していた。

「私、あんまり舐めるの上手くないんだ。気持ちよかった?」

俺が「はい」と答えると、小さい声で、「おちんちん、入れて・・・もっと気持ちよくさせて・・・」と、目をトロ~んとさせて言った。

俺は課長の股を広げると、チンコをマンコの入口に押し当てた。

「あっあぁ~・・・すっ・・・すごい・・・いい・・・ハァ・・・」

ゆっくり腰を動かすと、それに連動して、課長を声をあげた。

「なんか凄く気持ちいいの・・・お願い・・・もっと・・・」

課長は我を忘れて激しく感じていた。

俺は正常位から課長を抱き抱えて、騎乗位に移ろうとした。
しかし、途中でチンコが抜けた。

「私ね・・・普通の(正常位)でしかした事ないの・・・」

まさか、体験人数は少ないのは知っていたけど、今まで正常位オンリーとは・・・!!!

俺はそんな課長に丁寧に教えてあげた。
まずは、チンコを持たせ、そのままマンコの入口に当てさせた。
そして、そのまま、腰を落とさせた。

「あぁ~っ・・・」

チンコを挿入すると、課長にゆっくり腰を振らせた。
ぎこちないリズムで途中、何度かチンコが抜けた。

しかし、徐々にコツを掴んだのか、上達して、俺も気持ちよくなってきた。
俺も下から課長を突き上げると、課長はヨガリ倒した。

次に俺は課長を四つん這いにさせて、バックから突っ込んだ。

「ひぃっ・・・奥っ・・・凄く・・・奥まで・・・入ってるぅ・・・。これ、ヤバイっ・・・ハァハァ・・・。お願いっ・・・ゆっくり・・・して・・・あっ・・・んっ」

俺は課長の言う通りにゆっくりと腰を動かした。

「ヤダッ・・・これっ・・・あっあっ・・・イイっ・・・あぐっ・・・。はっ・・・はっ・・・はっ・・・あぁ~あぁ~~~~っん」

バックでゆっくり20回ぐらい動かしただけで、本日2度目、課長はイカせてしまった。

俺は動きを止めずに、腰を動かし続けた。

「ひっ・・・ひっ・・・ひっ・・・」

マンコの奥まで差し込みながら、課長の腰を持ち力強くピストンした。

「あぁあぁあぁ~っもっもうダメ~~~っまたっまたっまたっイッちゃうぅぅぅ・・・」

課長は腰から砕け落ちた。
俺は息を切らせている課長の股を広げ、再び正常位で挿入した。

喘ぎ叫ぶ課長は、もはや仕事場の課長の姿じゃなかった。
久しぶりの男と交わる、盛りのついた三十路の女だった。

俺もそろそろ限界に近付いていた。

「俺もイキそうです」

「ああん・・・イッて。中は、中は・・絶対にダメだからね・・・ハァハァ」

俺は腰を激しく振り、発射寸前に抜くと、課長のお腹の上に大量の精子をブチまけた。
課長はマンコをヒクヒク痙攣させて、放心状態だった。

この日は結局、あと1回戦して、起きてからも1回戦、合計3回戦した。
この日以降も俺達はイケナイ関係は続いて、大人の玩具を使ったプレイや、オナニーの見せ合い、アオカンなど、変態プレイを数多くした。

長文でしたが、支援や読んで頂いた皆様、ありがとうございました。




PAGE TOP